虎とひよこ

“自由気まま”をテーマにブログを綴っています。

パチンコ屋が日本から無くなるかもしれない件 パチ屋完全消滅秒読みか!? 換金禁止の法案も?

ニュースを見ていたら気になる記事がありました。

 

パチンコ屋が日本から無くなるのでは?と思うような内容です。

そもそもパチンコをしない私からすれば、まぁどっちでも良いような内容ですけど、

昭和?ずっと昔からある産業がもう風前の灯火となっている模様です。

 

カジノ法案が話題になった頃から、「ギャンブル依存症対策」という言葉を聞くようになりました。

 

その打開策として目を向けられたのが、パチンコ屋だったようで、

規制により射幸心とやらを抑えるような対策のようです。

 

少し調べて見たら、客が設けられる上限に制限をつけたり、

たくさん出玉を獲得できる台を撤去したりと様々な禁止事項をパチンコ屋に設けるようです。

 

さあにパチンコをする人の中では有名なライターと呼ばれる方々をイベントで呼び、

来店イベントというものに規制が入るようです。

 

とにかく射幸心を煽る対象になるものは全てNGみたいですね。

 

ただ思うに、日常生活の至る所にこういったギャンブル場があること自体が

びっくりなんですけどね。

 

だって、朝から晩まで営業してるんですよ?

これっていつでも誰だってギャンブル依存症になってしまう可能性があるってことですよね。

 

昔、遠隔操作で大当たりを発動させたりできること何かのニュースで知りました。

確かボ◯◯ザとかいう見せだったと思います。

 

これを見て、ビギナーズラックってもうこれだなって感づきました。

 

初見の客にエサを与え、ある程度慣らしてあとから搾り取るってパターン。

 

最近ではどっかの店長さんが、サクラを雇って小遣い稼ぎしたり、

設定漏洩なる不正行為を行っていたりと、やりたい放題じゃないですか。

 

こういった社会的に見ても悪の部分が目立つので、私はあまりこういった類のものへ脚を突っ込みたいとは思えません。

 

電気も凄い使うでしょ?節電節電って色んな企業がやってる中、もったいないなぁなんて思います。

 

そんな中、依存症に堕ちてしまった方は、コツコツ稼いだお金をせっせとパチンコ屋へ

貢ぎに行っているのが現状のようです。

 

でもなんでそこまでしてパチンコにハマるんだろ?

自分のお金を使ってまでなぜ依存症になるまで通い続けるのか?

 

私が思うにそこには人間の欲が絡んでいると思います。

 

金です。

 

 

賭けた金を増やすため。

 

わざわざゲーム性だけを単純に楽しみに行く人はほとんどいないでしょう。

 

過去に友人が自宅にスロットを買ってた時期がありました。

すぐに飽きたようで捨てていました。

何故かと聞くと、当たっても金の見返りが無いからとのこと。

 

つまりいくらゲーム性や出玉に規制をかけたところで、少しでもギャンブル性があれば

客は来るし、ギャンブル依存症対策としての効果は弱いと思います。

 

やはり換金禁止にすることが一番の特効薬なのではないだろうか?

 

そもそもパチンコ屋の換金は「三店方式」という極めてグレーというか黒な方法を用いているようですね。

 

詳しくはわかりませんが、景品を買い取ってくれる古物商なるものがあるようですw

いやぁこれを初めて聞いた時は思わず笑ってしまいました。

 

こんなもんがよくまかり通ってるなとw

 

さて、笑い話になってしまいましたが、実際この換金自体が無くなるかもみたいな記事をネットでみかけました。

 

換金禁止になるとどうなるか?

 

おそらくこのタイミングでそれが発令されると一瞬で客は離れるでしょう。

金という最終目標がなくなってしまうからです。

 

わざわざ景品交換目当てで何万も突っ込む人なんていなくなるでしょう。

買ったほうが早いしw

 

今は規制により客足が途絶え、弱小店はどんどん潰れてしまっているみたいですね。

そんな中、輪をかけたように換金禁止になると、すぐに廃れるのではないでしょうか?

 

韓国は数年前パチンコによる悪影響が強いため、国をあげて全廃したようですね。

働かない人が増え、のめり込んで仕事をサボる人もいるでしょう。

パチンコで負けた腹いせに犯罪に走る人もいるでしょう。

依存症になり通い続けたあげく生活苦に陥る人だっていますね。

 

メリットがないですね。

まさに無生産産業。

 

 

今の日本にパチンコ屋は必要なのでしょうか?

 

完全消滅する日がくる気配がしてなりません。

 

 

win-winの関係が保てる業者は仕事も捗る

仕事をしていく上で切っても切れないもの。その中の一つに依頼主があります。

 

いろんな形の依頼主がありますね。

エンドユーザーだったり代理店の方だったり。

 

私は仕事する上で、その依頼主の性質を見極めます。

 

今まであまりうまくいかなかった例をあげます。

 

それは仕入先をガンガン叩いてくるような業者(主に代理店)との仕事です。

 

価格をとことん叩かれる

納期は短納期

とにかくいろんな催促が多い(しかも全て短納期)

納品したらしたで何かとクレーム

 

品質優先で納期も優先。

 

ちょっと待ってくれ…。

と言いたくなります。

 

企画段階で、製品化にあたっての諸々の注意点を説明したとしても、その担当が末端にうまく伝えていない場合があります。

 

もし末端に会ってもオッケーな環境なら同行し自分で説明するようにしてますが。

 

鬼のように納期を詰める電話を催促され、

なんとか間にあわせたと思ったらおレイの1つもない。(お礼とかは別にいらないんですがやはり人対人なんでその辺は見てしまいますね(笑))

 

こうした方がいいんじゃないかという提案を投げかけても末端がこう言ってるんだからダメだと一点張りの末端優先イエスマンも手間がかかります。

 

だいたい仕入先には強気でくるので見ててわかります。

 

そして、次回の仕事もこちらにとって旨味のない難題ばかりおしつけてくるので、毎回泣くハメになります。

 

コントロールできる範囲の業者なら問題ないですがはっきり言うと時間の無駄でございます。

 

それよりかは、今回は悪いけど次回は良い仕事振るよなんて言ってくれるところの方が仕事もうまくいくし、やる気も違います。

 

もちろんそういうところでもクレームはありますが一緒に乗り越えようと、協力してくれるので気持ち楽です。不思議と売上もガンガン伸びました。

 

逆の場合は、全て丸投げ、何か起きても全て丸投げみたいなスタンスが多かったように思えます。

 

まぁ、仕事なのでそこら辺はうまく割り切ったお付き合いだったり相手が満足しメリットのあるような提案を仕掛けてあげないとどんな場合でもうまくいかないですが。

 

あまりにも一方的だった場合は、お断りすることも過去に何度かありました。もちろんその分、他のところから倍の仕事を引っ張ってきて売上確保してからですが。

 

 

私も仕事柄色んな業種の方と接することがありますが、自身がモンスターにならないように心掛けています。

 

 

 

 

コールセンターで働いてた頃の話し

以前、某大手企業のコールセンターで働いてたことがありました。その時の話を少々書きたいとおもいます。

 

今後コールセンターで働いてみよっかなーっなんて思ってる人の参考になればと思います。

 

務めてたのはPCや回線関連がメインの職場でした。1日中ひたすら電話を受けるという作業です。肉体的な疲労はほぼありませんでしたが、精神的なところて結構疲れてました。

(色んなお客さんがいらっしゃいましたねぇ…。)

 

最初の頃は応対品質や生産性などの面で悩んだ時期もありましたが慣れてしまえばスキルも並行して向上心していき、正直ぬるま湯に感じていました。

 

比較的年齢層の若いグループで人間関係でのストレスは皆無。PCとにらめっこしながら自分のペースで仕事できてましたね。席も決まってなく、仲の良いメンバーで座ったりと楽しかったです。

 

苦痛だったのは時間の経過が長く感じること。とにかく着台してひたすらお客さんと会話するんですが、あれまだ全然時間経ってないじゃん…ってことがしばしば。座りっぱなしなんで腰とかも結構痛くなったりしました。閑散期の暇な時期は隣のオペレーターと雑談したりして気をそらしていました。

 

毎日の目標件数などあるんですがしばらく続いてもモチベーションが持たないですね。

 

あとはクレームが厄介ですね。

なにが厄介かというと、電話だから相手の表情が見れないんです。対面だと表情で温度を図ることができますが、電話対応だと声だけで察しなければいけません。また言葉をしっかり選択し応対品質が良くなければ相手に不快感を与えたり、サービス利用を辞められる可能性があります。突然、理不尽に怒鳴ってくる方もいました。1日に何度も何度も電話取ってれば数件はこんな感じで怒ってる人に当たり前のようにぶつかります。

 

相手の感情を受け止め、共感し、謝罪し、歩み寄っていく。コツさえ掴めばどうってことはないですが慣れないうちは地獄です。

 

さらに、給料がとてつもなく低かったです。もはやバイトした方が良いのでは…。と思わさせられる程。毎月の給与明細はなかなかの威力でした。それでもPCスキルが嫌でも身につく環境があったのでしばらくは務めていました。まぁ、給与がどうしようもなかったんど年々モチベーションはだだ下がりした。

 

あくまでも私が務めてたコールセンターにはなりますが、まとめるとこんな感じです。

楽だけど給与が低い。精神的に疲れる。クレームは注意。モチベーション維持が難しかった。

 

かなり勉強にはなりましたが、今後コールセンターやることはないと思います。

 

 

面倒な人の自己流対処法 

こんばんわ。

 

人間って十人十色って言うけど、ほんと色んな性格の人がいます。

 

みんな違ってみんな良い。

間違ってないと思う。

 

けど、不愉快というかあまりにも幼稚な人が周りにいませんか?

 

本人は面白いと思ってるんでしょうが非常にめんどくさいというか。

 

人を見下すことで自分を保ってるというか。

 

自分に自信がない人に限ってそんな感じです。

 

基本的には相手にしないのが1番でしょう。

 

相手との距離を誤ると大変面倒なことになりますから。

 

特に自分にとって害があると感じる人は、情けは無用です。非情になって完全シカト決め込んで良しです。僕も人生において悪い影響しか及ぼさないであろう自分にとって不要な人間関係は微塵たりとも持ち合わせないようにしています。

 

しかし、そんな人でもどうしても学校や仕事などでコミニケーションをとらないといけないシーンがあります。

 

そんな時、僕は自分なりの対処法でやり過ごしています。

 

①仕事以外、必要以上の会話をしない

プライベートなどの情報は一切発信しない様にしてます。業務上の会話のみ淡々と。ただし、社会人として挨拶やお礼などはきちんとしましょう。

 

②相手のペースにのらない

仮に相手が悪ふざけしてきても聞いてないフリします。段々と相手も察してふざけたりしなくてなります。中には察しない人もいますが基本無視です。優しく構ってるとつけあがってきます。

 

③感情は隠す

親しい友人同士なら盛り上がる話しでも、そういう人の前では一切感情は出しません。口だけ笑い、目は笑ってないというぎこちない表情をしてしまいますが問題ないでしょう。

僕は面倒な人と会話するとき、感情を「無」にします。最初は意識してやってましたが、今では当たり前のように「無」にできます。

これだけでも気持ちが楽です。

 

 

④人の悪口や愚痴をこぼさない

これは、社会人としては基本的なことですね。集団の場では噂はすぐ広がります。いつ誰が聞いてるかわからないので注意が必要です。めんどくさい人に聞かれると厄介です。口は災いのもとです。人を馬鹿にする発言は自分の価値を下げます。自身が不愉快を与えてしまうような人にならないように気をつけないといけません。

 

⑤基本は大人の対応

ノリが悪いと思われようが、幼稚な言動や絡みをされても冷静に。何度か試したことありますが、無理に合わせるとダルいです。疲れるだけなので華麗にスルーできる術を身につけましょう。

 

⑥自分の役割を完全に果たす

仕事を完璧に覚え、難なくこなせるようになりましょう。人から文句言われない程、出来るようにすることも必要です。業務以外でも一般常識、教養を持ち合わせましょう。幼稚な人ほど、人を見て話します。

「こいつなら馬鹿にしても大丈夫」と。

隙はなるべく見せないように心掛けたほうが良いでしょう。

 

⑦該当する人物のことを頭で考えない

どうしても苦手だったり嫌いな人は頭の中でも考えてしまいます。ムカつくことがあれば思い出して脳にチラつきます。

しかし、これは非情にもったいないので完全に頭から消しましょう。嫌いな人の事は考えるだけ時間の無駄であり、意味のないことなので一切考えないようにしましょう。

僕は顔や声も名前すらも忘れてしまうくらいの勢いで何も考えないようにしています。

完全デリートです。

 

上記はごく一部ですが、これだけでも自分のテリトリー内に侵入してほしくない人を遮断できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ONEPIECE ルフィの進化が気になる件

毎週楽しみにしているONEPIECE

 

最近では四皇ビッグマム編においてカタクリとの激闘が話題になってますね!

 

ネット上でもそろそろルフィは一段階進化するんじゃね?なんて噂もちらほら。

 

これまで幾度となく死線を乗り越えてきました。

 

ロビン奪還時CP9の牛(名前忘れた)との戦いで初めてみせたギア2。

 

あれには痺れましたね。まさに少年漫画王道の盛り上がりでした。

 

バーソロミュー・くまにボッコボコにされ、頂上決戦で挫折。そこからレイリーのもと2年の修行。覇気を纏って帰ってきたルフィはワンパンでくまを沈めてました。

 

覇王色の覇気を体現出来る程の成長っぷりで大勢の魚人を一瞬で這いつくばらせていましたね。ゴムゴムのレッドホークは何度もページを読み返した程お気に入りの技となりました。

 

記憶に新しいのはドフラミンゴ線のクライマックスでみせたギア4。

 

初見は正直あのフォルムに違和感を感じましたがあのドフラミンゴをボッコボコにしてたのは爽快でした。

 

ギア4めちゃつよ!!

って感じだったのも束の間でした。

 

現在対峙しているカタクリ

懸賞金10億!!

やはり強いですね。

モチなのに。

エネルとかの方が能力的に優れてて欲しいし、モチがあんな強いのはなんか納得いきませんがとにかく強い。

 

能力覚醒を起こしてる能力者はやはり強いですね。それに加えてカタクリの見聞色の覇気が厄介です。未来予知はなかなかの反則です。

 

ギア4の力技だけだと、冷静になったカタクリには勝てないのでしょう。

 

しかしルフィはやってくれる男です。サンジが言ったとおりカタクリにとって初めての敗北になることと信じています。

 

さて、どうやってカタクリに勝つのでしょうか?今は覇気の回復を待っていますが、またミロワールドに戻って決着をつけてほしいですね。

 

今回のカタクリとの戦いでもしルフィが何かを学びとったとしたら。

 

CP9の瞬間的に移動する技を盗んだように、カタクリからも奪えるものがあるはずです。

 

見聞色の使い方、能力覚醒、このあたりが考えられますよね。

 

ギア4が武装ならギア5は見聞に特化したものになるかもしれません。そこに能力覚醒が加わればカタクリをぶっ飛しワンランクアップできるはず。

 

久しぶりにカッコイイルフィが見たいです。

痺れる展開期待してます☆

 

 

ゴルフハラスメントという言葉

最近、よく聞く言葉「ゴルフハラスメント」

通称ゴルハラ。

 

皆さんはこの言葉ご存知でしょうか?

 

パワハラ

セクハラ

アルハラ

 

こういった言葉の類で、

ゴルフを、強要させることを指すようです。

 

私は今はゴルフとは無縁なのであまり関わりのない言葉ですが、友人は好きでもない会社でゴルフをさせられて生活にも支障が出ているとかなり本気で悩んでいました。

 

まず1番大きな負担はお金です。

道具一式揃えたら数万円。

プレイ代で数万円。

まあ、かなりお金のかかるようなものですね。この経済的損失は生活に大きく影響する可能性があります。

特に家族を養う世帯持ちの方は、かなり辛いでしょう。

 

次に興味がないということ。

上記のようにお金がかかっても好きだからやりたいって人はいいと思いますが、別に好きでもないのに、無理矢理付き合いでさせられる人からしたらたまったもんじゃないでしょう。そういう風潮のある会社は減ってきてはいると思いますが、まだ存在していることは確かですね。

 

そして断れない風潮。

特に営業職の方は付き合いだの何だので半ば強引に強制的に参加させられてる方も少なくないでしょう。これは悪しき習慣だと思いますね。家庭の様々な事情もあるだろうしそれを考慮せずに強制的に参加させることは現代人には向かない習慣ではないかと思います。

 

 

追い打ちをかけるようにプレイ中は周りの視線が痛いようです。興味がないゴルフなので別にうまくなりたいなどという向上心もなく、嫌々ながら参加するのでもちろんスコアは悲惨な結果に。中には「あいつは下手くそだから仕事もきっとできないんだろう」という人もいるようです。

 

嫌いなゴルフに大金を使って嫌々ながら参加するも、笑いものにされるとか考えただけでもきついですね(笑)

 

また、ゴルフは半日から1日潰れます。

朝早く集合し、そこからひたすら小さな穴めがけてセコセコと球を入れる。終わったと思えばすでに夕方過ぎで1日が終わる…。

 

ゴルフ嫌いな人からしたらたまったもんじゃないでしょうね。

 

友人は仕事もこなすバリバリの営業マンですがゴルフを心底毛嫌いしており、こういった習慣に、不満をもっているようです。

 

仕事の付き合いとは良く言ったものですが、談合に近い感じも…。

 

ゴルフハラスメントは一歩間違えればコンプライアンス違反にもなるんじゃないの?って疑問もありますが、実際はどうなんでしょうね。

 

まだこういった習慣のある会社って珍しくないのでしょうか。

 

 

仕事を楽にするには常に効率化を考えた方がいい。 そう思う。

久しぶりの更新です。

最近は繁忙期時期を迎え、多忙多忙の毎日です。

きつい時もありますが、楽しみながら比較的楽に仕事が出来ています。

 

個人的な習慣になっているんですが、仕事が終わった後、必ずその日を振り返りと翌日のスケジュール確認します。

 

効率的に動けたか、翌日は今日よりもっと良い動きをしよう。

など、予定帳とにらめっこです。

 

社会人なりたての頃は、学生気分が抜けきれずダラダラ何も考えず、

ただその日に与えられた目先の業務を淡々とこなすだけでした。

 

完全に受け身で自分から仕事を取りにいくことはおろか、目標もなければ、時間配分も下手くそだった覚えがあります。

 

あることをきっかけに仕事に対しての考えが変わり、前向きに捉えるようになりました。

 

どうせなら、仕事ができるような男になりたい。

 

 

初めはそうですね・・・。

苦労しました。楽とは無縁の地獄でした(笑)

まずは現代人必須のPCの勉強からスタートでした(笑)

遅かったタイピング(最初は人差し指だけで打ってました)を練習し、苦手だったエクセル・ワードなども勉強。

 

朝も朝礼5分前だった出勤時間を1時間早く出勤する習慣に変えました。

 

手っ取り早く、出来る上司を見様見真似したり。

 

業務内での専門的知識・技術は毎日勉強の日々でした。

 

20代前半はとにかく突っ走っていました。

 

ある程度、仕事へ対する認識と覚悟に変化が出始めた頃から、もっと向上したいという気持ちが増しました。

 

どうせなら、営業トップになって今ふんぞり返っている上司の仕事を奪いたい。

どうせなら、仕事を楽にして最短でその座を狙いたい。。

 

楽にするにはもっと効率化しないといけませんでした。

 

そこからさらに効率化を意識するようになりました。

 

すべての資料をフォーマット化し、日常的に使うワードは単語登録ですぐ呼び出せるように登録。ショートカットキーも全て頭に詰め込み、PC処理の速度が爆発的に飛躍し、これだけでもかなりの時短になりました。

 

見積もりの数字も全て暗記し、専門的知識や技術も資料などもなくて良いように頭に詰め込むことで調べる時間を無くしました。

 

小さな仕事が舞い込んだ時も、複数の面倒な仕事が立て続けに来た時もまずは、段取りです。スケジュールを組む中で、優先順位をすぐに決める。そしてどうやってこなせば最短かを常に意識すること。そしてそれを反復すればする程、段取り力が付いて来ることが実感できました。

 

自分で閃いて実践し成功したことは必ず後に活きてきます。

そして自信となり、相手への説得力が増します。

 

個人の改善はもちろんですが、次に目を向けるのはチーム、そして別部署、さらには会社全体といった感じで視野を広げることで仕事の幅がグンと大きくなり自己の能力向上へ繋がります。

 

効率化を求める理由は1つです。

 

いかに楽に仕事ができるか!!

 

これを徹底的に考えることで、仕事が出来るようになり、さらに楽になれます。

そして目標が手の届くところへ近づいてきたら、あとはそれを奪うのみです。